【ラジオ英会話】PreLesson 21-0 プロトタイプ

【ラジオ英会話】PreLesson 21-0 プロトタイプ

ドリスとセオは新宿での異業種交流会に出席しています。
さっそく自己紹介が始まっているようです。
Theo: Hi, my name’s Theo.
Doris: Hi, I’m Doris.
Theo: So, what do you do, Doris?
Doris: I’m a filmmaker. I make movies for social media sites.
Theo: Wow, that’s an interesting job. I love watching movies.
Doris: Great. What kind of movies do you like?
Theo: I love action movies and movies with dancing.
Doris: Really? I just made a movie about tap dancing. I’m trying to promote it.
Theo: Maybe I can help you. I write copy for an advertising agency.

filmmaker  映画制作者
promote  宣伝する、販売促進する
copy  広告文、宣伝文句
advertising agency  広告代理店

こんにちは、僕はセオといいます。
こんにちは、私はドリスです。
それで、あなたは何をされているのですか、ドリスさん。
私は映画の制作をしています。
ソーシャル・メディア・サイト用のムービーを作っています。
わあ、それは面白い仕事ですね。 僕は映画を見るのが大好きなんです。
よかったわ。 どんな種類の映画が好きですか?
アクション映画とかダンスシーンのある映画がとても好きです。
そうなの? 私はちょうどタップダンスについての映画を作ったばかりなの。 今それを宣伝しようとしているところよ。
もしかすると、僕があなたの力になれるかもしれませんよ。
僕は広告代理店で広告文を書いているんです。
GRAMMAR AND VOCABULARY

①会話で流れを生み出す・現在形の「広く一般的な内容」
So, what do you do?
それで、あなたはなにをしているのですか?
疑問文は刺激が強い!
Soがクッションとして使われる。(いきなりwhat~にしない!) 
現在形が使われている。
現在形は「広く一般的な内容(今日も、昨日も、明日も)」を表す形。
➁説明ルール
I just made a movie about tap dancing.
私はちょうどタップダンスについての映画を作ったばかりです。
英語では語順が逆転する。

FEEL ENGLISH LIKE A NATIVE SPEAKER!
KEY
I’m a filmmaker.
私は映画の制作をしています。
動詞の後ろに「説明語句(補語 名詞・形容詞)」を配置する
※他動型は動詞の後ろに直接目的語(名詞)を配置。 SVO
自動型は動詞の後ろになにもなし(文型に関係ない修飾語のみ) SV(M)
  単に主語の動作を表す。
  何にむけて・どのように・・・は直後に前置詞(副詞) look for 、listen to
be動詞は「=(イコール)」を意味するだけのつなぎの言葉

We’re so happy.
僕たちはとっても幸せです。
I’m a filmmaker. I make movies for social media sites.
私は映画の制作をしています。
ソーシャル・メディア・サイト用のムービーを作っています
aは限定詞 たくさんいる映画製作者の一人
 文の中で、2度目(以降)にでてくれば the filmmaker
たくさんいる映画製作者のうち、最初に出てきたfilmmaker(旧情報)を指す。 
最初のa filmmakerは新情報YouTube 「武田鉄也の3枚おろし」
 金八先生がわかりやすく教えてくれる「aとthe」参

GRAMMAR IN ACTION
1.私は教師です。 私は東京にある高校で英語を教えています。
I’m a teacher. I teach English at a high school in Tokyo.
2.私は客室乗務員です。 国際線で働いています。
I’m a flight attendant. I work for an international airline.
work for  ~に勤めている

映画カテゴリの最新記事